Top > リフォーム > 瓦屋根の雪止めには大事なメリットと機能が有るんです!

瓦屋根の雪止めには大事なメリットと機能が有るんです!

瓦屋根の地域ではあまり雪が降りませんが、いざ雪が降った時に困るのは雪が落ちる際の配慮ではないでしょうか。
駐車している車に落ちないか、歩行者に影響を与えないのか、雪が完全に落ちるまでヒヤヒヤしてしまいますよね。

瓦屋根の雪を落とさないようにする為には、雪を屋根の上で止める方法を取りましょう。

瓦屋根用の、雪止めを付ける事です。
瓦屋根の用の雪止めは、2つの種類があります。

・雪止め瓦
文字通り、瓦に雪を止める凹凸が付いている瓦です。
瓦の中心に輪のような突起が付いており、その部分で雪を止める細工となっております。
普通に他の瓦と一緒に並べるので、見た目的にも違和感が全くありません。

・雪止め金具
雪止め金具は、先付と後付の物があります。
後付のタイプは、瓦屋根を葺いてから雪止めが必要になった場合、後から付ける事が出来る便利な雪止めです。
瓦の先端部分に引っかけ固定するタイプが、一般的です。

雪止めを付ける個数は、その地域の降雪量による異なりますので、板金屋さんに問い合わせてみるとよいでしょう。
一般的な考えでは、瓦屋根の地域では降雪量が少ないので、多くても2段程度の雪止めにする事が多いです。
瓦屋根の地域ではベタ雪が多いのでサラサラ雪よりは荷重が大きくなるのですが、降雪量が少ないので雪止めは2段程度で対応できると言えます。
また、逆に雪止めの量が降雪量に対して少ないと、雪止めに余計な負荷がかかってしまい、雪止めが破損してしまう事があります。
素人さんでも雪止めを付ける事は可能ですが、このような雪の量に対しての見極めは不可能ですので、板金屋さんにお任せする事をオススメします。

一見、瓦屋根の地域では必要ないように感じる雪止めですが、雪が降る地域では心配ごとも多いので、気になる場合は設置をオススメします。

参考:http://屋根塗装千葉.com/

リフォーム

関連エントリー
瓦屋根の雪止めには大事なメリットと機能が有るんです!リフォーム減税について